FC2ブログ

プロフィール

れい

Author:れい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

患者さんとご家族の架け橋に

こんにちは!
Salon de eau の須田です。
毎月第2第4木曜日は、都内にある病院でアロマボランティアをしています。

入院している患者さんの病室を回って手や足のアロマトリートメントを行います。


最近私が意識して行っている密かなことがあります。
それは「患者さんのご家族にトリートメントを一緒にやっていただく」ことです。

私自身も祖母が半身麻痺で寝たきりになってしまったとき、何かしてあげたいけれど
何もできない自分に憤りを感じたことがありました。
そして、病気の人には素人が触ってはいけいような気持ちがあり、足の裏を手で温めることしかできませんでした。

今となっては、もっとやってあげられることがあったのに。と思うことがあります。

そして患者さんにとっても、家族に「触ってもらう」ことは
大切にされているという自尊心に繋がるものだと気付きました。


病院に入院している患者さんも、きっと私たちセラピストがトリートメントするよりも
ご家族にしてもらうトリートメントの方が何倍も嬉しいものではないかなと思います。

そしてそれは、患者さんだけでなくご家族の「何かしてあげたい」という気持ちを
表現できる一つのツールになります。


そう思ってからは、病室にお見舞いに来られているご家族の方に
「一緒にやってみませんか??」と声を掛けさせていただいてます。

先日はすい臓がんで入院されていた患者さんのお孫さん(小学5年生)と一緒に
足のトリートメントをいたしました。
患者さんは意識がもうろうとしているようにお見受けしましたが
「お孫さんが足をマッサージしてくれてますよ!」と声をお掛けすると
かすかに頷かれているご様子でした。


そして今週は胆管癌で入院されている患者さんのご家族から
「足のむくみをとるやり方を教えてもらえませんか??」と要望がございました。
私が片方の足をトリートメントしながら、簡単な手順をお話ししながら行い
そのあとご家族の方にも足のトリートメントを実際に受けていただきました。
そしてご一緒にもう片方の足をトリートメントするという流れで行いました。


やっていることは本当に簡単なことです。
でも、ご家族の「何かしてあげたい」というお気持ちや
患者さんの「大好きな家族に触ってほしい」というお気持ちを繋ぐ何かができたらと思います。

私にできることはなんだろう。
この方たちに何ができるんだろうと毎回思います。

今の私にできることを小さなことでもいいので、見つけていけたらいいなと思います。



そして、いつかこういうことを必要とするご家族のところへ出向いて
トリートメントのやり方をお伝えするお仕事をしたいと思いました。

まだ先の構想ではありますが、いつか実現させて
ご家族を繋ぐ「架け橋」になれたらと思います。


スポンサーサイト



<< 先生へ | ホーム | 無料子宮頸がん検診に行ってきました★ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム